慰安婦問題について、いろんな報道

Translate

2018年2月13日火曜日

【平昌五輪】日韓併合で日本擁護? 平昌五輪開会式コメンテーターがクビに…。真実を語って降板になった解説者ジョシュア・クーパー・ラモ(Joshua Cooper Ramo)氏。米テレビが発言謝罪 韓国の発展「日本が手本」。 中央日報「NBC解説者が日本の韓国植民支配を美化し降板 ネットでは謝罪要求の声」。産経、朝日新聞記事

KAZUYA Channel 日韓併合で日本擁護? 
平昌五輪開会式コメンテーターがクビに…
日本人が知っておくべき戦争の話(文庫版)
★今後の講演情報はこちら
★毎週水曜日21時から生放送!

01:40:22 米テレビが発言謝罪 韓国の発展「日本が手本」
【DHC】2/13(火) 百田尚樹×我那覇真子×居島一平
虎ノ門ニュース
米国NBCの平昌オリンピック解説者を降板させられた

Winter Olympics: NBC ditches analyst 
Joshua Cooper Ramo over Korea remark - BBC News

Joshua Cooper Ramo over Korea remark
2018年2月12日 BBC News

AP February 11, 2018, 1:14 PM CBS NEWS
Winter Olympics: NBC apologizes to South Koreans


朝日新聞デジタル
米NBCテレビは11日までに、平昌五輪開会式の
中継中に出演者が、植民地支配した日本が
韓国の手本になったという発言をしたことについて、
「これらの発言に韓国の人々が侮辱されたと理解し、謝罪する」
との声明を番組内で読み上げた。
ニューヨーク・タイムズ紙などが報じた。
 安倍晋三首相の開会式出席を伝える中で、
出演者の一人が、日本を
「1910年から45年まで韓国を占領した国」
と紹介した上で、
「しかし、どの韓国人も、自らの変革にとって、
日本は文化面でも技術面でも経済面でも
重要な模範となってきたと言うでしょう」と述べた。
 これに韓国などから批判が起こり、
「公式謝罪」を求めるネット上の請願運動に発展していた。
11日午後10時で署名数は1万3千を超えている。
(ニューヨーク=金成隆一

2018.2.11 12:03 【平昌五輪】産経ニュース
「日本は韓国のお手本」米NBCの開会式中継にネット住民猛反
【平昌=時吉達也】平昌五輪の大型スポンサー、
米NBC放送が9日の開会式の中継で、
韓国を卑下する発言をしたとして、
インターネット上で問題化している。
聯合ニュースなどが報じた。

2018年2月11日日曜日

『第11回「脅迫」のツイート①』杉田水脈 AJER2018.2.9。自民党、杉田水脈衆院議員にツイッターで脅迫文  警視庁が捜査。その脅迫事案を誘発したと思われるリテラの誹謗中傷記事、安倍の肝いり・杉田水脈議員は「 待機児童一人もいない」以外にも トンデモ発言連発!「保育所はコミンテルンの陰謀」。


【超朗報】 自民党・杉田水脈さん、
2017年10月22日 KSM WORLD
2014/12/13 美しい国への旅立ち より
杉田水脈氏 不祥事 Wikipediaより
自民党、杉田水脈衆院議員にツイッターで脅迫文
2018.2.7 05:00 産経ニュース
自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(50)に対して
今月、ツイッターで
「議員を辞めなければ家族に危害を加える」
という内容の投稿があり、警視庁赤坂署が
脅迫などの容疑を視野に捜査を始めたことが6日、
関係者への取材で分かった。

 同署や杉田氏によると、今月3日、ツイッターで
「杉田水脈さん。明日にでも国会議員を
やめて頂けないでしょうか」
「報復措置として貴方の娘さんに
被害が被るかもしれませんよ」などと書き込みがあった。
書き込みを見た閲覧者から110番通報があり、
赤坂署が杉田氏の娘の安否確認を行うなどしたが、
異常はなかったという。

 杉田氏は「毅然とした態度で臨む」としており、
赤坂署が詳しい経緯を調べている。

関連ニュース
世界の記憶、韓国「慰安婦の日」…左翼の牙城

安倍の肝いり・杉田水脈議員は
2018年01月29日 16時00分
 奈良県安堵町の増井敬史町議が、
福島瑞穂議員を在日コリアンだと名指しした上で
「股裂きの刑にしてやりたい」と
Facebookに投稿したことが大きな問題となっているが、
こういうトンデモ議員は国会議員にもいる。
 同じ時期、Twitter上では先の衆院選で
自民党から出馬し当選した杉田水脈議員が炎上していたのだ。
杉田議員といえば、これまでヘイトスピーチを連発してきた
極右中の極右である議員だが、
今回は待機児童問題で
こんなとんでもない主張をツイートした。

爆買いされる日本の領土-角川新書-宮本-雅史。【DHC】2/8(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平 【ゲスト:小野寺まさる】。【Front Japan 桜】北海道中国侵略の惨状。『ニュース女子』 #141。【討論】沖縄・北海道が危ない!我々はどうすべきか?[桜H30/1/27]。中国は北海道を32番目の省にするつもり?。釧路港は中国の軍事拠点化?。日経ビジネス、福島香織氏、中国「北極シルクロード」の野望を読み解く 「極地国家」が資源と海路の先に見据えるのは北海道?。

爆買いされる日本の領土-角川新書-宮本-雅史
Amazon 2017/7/10

01:13:27 強力ありもと
(前北海道議会議員 小野寺まさる氏)
/中国による北海道の水源・国土買収
DHC】2/8(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平
【ゲスト:小野寺まさる】

小野寺まさる‏ @onoderamasaru
23:22 - 2018年1月28日
これは現在、中国の「アリババ」で実際に売りに出されている
日本の国土である。赤い線で囲まれたこの膨大な面積の土地だが、
左側に見えるのは「新千歳空港」
…つまり、安全保障上問題のある空港隣接地が
中国で勝手に売り買いされているのである。
これが日本の国土を取り巻く恐ろしい現実だ!


商号, 有限会社 北海道スタイル・リアルエステート. 
所在地, 北海道札幌市中央区南24条西11丁目2番33号. 
代表者, 代表取締役 石井 秀幸
石井 秀幸 2012年9月1日 ·
突然ですが昨日罵られました・・!
それも「売国奴と」!

当社事業の一環の中に海外向けビジネスを
ここ数年規模拡大してる中で
「不動産」「投資」「買収」がある、
この三案件は全て海外だ特にアジアであり
香港中国がメインとなる、その関わりの中、
添付写真月刊誌講談社
「小説現代のチャイナフーリング」
作家柴田先生の書く小説にも当社案件が書かれている。
内容の一部は当社案件
「新千歳空港の土地売買に関する」件だ

2018年2月10日土曜日

【討論】追悼・西部邁と日本[桜H30/2/10]。【言いたい放談】避けられぬ議論、死に方を選ぶ権利。【頑固亭異聞】我々の知る西部邁氏[桜H30/1/30]。藤井聡氏、雑誌『表現者』創始者 西部邁先生 永眠さる(第2部)。武田邦彦 西部邁先生が日本に感じた絶望感の正体!。【夢を紡いで #2】最後の西部節…。西部邁先生の「自裁死」と、高齢化社会における終末医療・安楽死とは?。映画『ハッピーエンドの選び方』「ソイレントグリーン」。【桜便り】西部邁先生、荼毘に。評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳。生前の動画で自殺未遂をほのめかしてました。

【討論】追悼・西部邁と日本[桜H30/2/10]
◆追悼・西部邁と日本 パネリスト:  
上島嘉郎(元産経新聞社『月刊正論』編集長・ジャーナリスト)
クライン孝子(ノンフィクション作家) ※ スカイプ出演 
佐藤健志(評論家)  
富岡幸一郎(文芸評論家・関東学院大学教授)  
西田昌司(参議院議員)  浜崎洋介(文芸批評家)  
藤井聡(京都大学大学院教授・内閣官房参与)  
脇雅史(前参議院議員) 司会:水島総

【言いたい放談】避けられぬ議論、死に方を選ぶ権利[桜H30/2/1]
【頑固亭異聞】我々の知る西部邁氏[桜H30/1/30]

雑誌『表現者』創始者 西部邁先生 永眠さる(第2部)
(〜週刊ラジオ「表現者
〜藤井聡 あるがまま日本・京都)
satoshi-fujii.com 2018/01/29

【夢を紡いで #2】最後の西部節~リベラルとか
デモクラシーを有り難がりなさんな[桜H30/1/26]

死去した西部邁さん(撮影・髙井正彦)

2018年2月9日金曜日

ニューズウィーク日本版、トランプ「禁断の暴露」でFBIと本格バトルへ。【DHC】2/7(水) 藤井厳喜×井上和彦×居島一平 【虎ノ門ニュース】。BBC、ホワイトハウス、FBI「権力乱用」文書公表を承認。藤井厳喜氏いわく、トランプ大統領の一般教書演説後?【揺れ動く米国】米国「逆ロシアゲート」前代未聞の権力濫用を行なっており、民主国家?法治国家?を揺るがす大事件!

ロシア通とされ、今後の捜査のキーマンとなる
可能性があるページ Mark Wilson/GETTY IMAGES
公表されたヌネズ・メモの一部。
BBCが強調した部分では、スティール氏が司法省幹部に、
自分は「ドナルド・トランプが当選しないよう必死で、
トランプが大統領にならないよう一生懸命」
だと話したと書いている。
「スティールの偏見の明らかな証拠」だが、
FBIはそれでも「スティール文書」を根拠に
トランプ陣営関係者の
盗聴監視令状を請求したと批判している。
司法省に任命され、
2016年大統領選のロシア疑惑を捜査する
ロバート・ムラー特別検察官(元FBI長官)

トランプ「禁断の暴露」でFBIと本格バトルへ
Trump's Forbidden Strategy
2018年2月9日(金)16時00分
前川祐補(本誌記者) ニューズウィーク日本版
<ロシアゲートでのトランプ包囲網が狭まるなか、
公開を決めた機密文書と注目の人物とは>

2016年の米大統領選挙ではロシアがトランプ陣営と結託し、
選挙に不正介入してトランプの勝利に
加担したのではないか――いわゆるロシアゲートをめぐって、
トランプ米大統領と司法省・FBIはつばぜり合いを続けてきた。

これまでのところ、独立捜査を率いる
ムラー特別検察官の優勢に見えていた。
17年10月末に元トランプ陣営選対本部長
ポール・マナフォートらを起訴。
陣営の外交政策顧問だったジョージ・パパドプロスが
FBIに対する偽証を認めて
司法取引に応じたことも明らかになった。
さらに今年1月、数週間以内にトランプ本人を
聴取する計画も伝えられるなど、
包囲網が形成され始めていたからだ。
だが、このところ目につくのはトランプ側の反撃だ。

2018年2月1日木曜日

どうやら北海道庁オホーツク総合振興局のオホーツクールキャンペーンに、あのウーマン村本氏が参加していた模様です。

オホーツクールキャンペーン 
この度、オホーツク18市町村
(北見市、網走市、紋別市、美幌町、津別町、斜里町、
清里町、小清水町、訓子府町、置戸町、佐呂間町、
遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、
雄武町、大空町)で組織する
オホーツクイメージ戦略推進委員会は、
地域の魅力を国内外の多くの方に知っていただき、
観光、物産、移住定住など様々な形での
地域活性化につなげるための
イメージ発信事業を本年度からスタートしました。

北海道庁
オホーツク総合振興局

オホーツクール・シーズン1はこちら

オホーツクを旅してわかった!
炎上社会を生き抜く村本大語録
ネットで、テレビで、今日もどこかで
“炎上”が起こっている。
そんな炎上社会を渡り歩いてきた村本氏が
全国の炎上さんにおくる、
オホーツクを旅して見つけた
炎上社会を生きる術とは!?
村本が炎上さんにおすすめしたい、
オホーツクールなスポットも見逃せない!

2018年1月21日日曜日

北海道開拓使150年、北海道分断を阻止した占守島の戦いを語り継ぐ…


父祖の体験です! 忘れないで下さい! 子孫に伝えて下さい!
文責 山 本 晃 三
(占守島守備部隊戦死者の遺族)  
2006.8.11 作成 2010.8.11 補正

画像検索結果
樋口 季一郎(ひぐち きいちろう、1888年8月20日
兵庫県淡路島出身。最終階級は陸軍中将。
歩兵第41連隊長、第3師団参謀長、ハルピン特務機関長、
第9師団師団長等を歴任し、最終役職は
第5方面軍司令官兼北部軍管区司令官

北海道は、2018年(平成30年)に命名されて150年を迎えます。
これまで積み重ねてきた歴史や先人の偉業を振り返り、
感謝する節目と捉えながら、次の50年に向けた
未来の北海道を展望してまいります。

開拓使 かいたくし)は、北方開拓のために
明治2年(1869年)7月8日から

明治15年(1882年)2月8日まで置かれた日本の官庁である。