慰安婦問題について、いろんな報道: 【安倍首相真珠湾訪問】中国外務省「巧妙なパフォーマンスを何度繰り返しても1度の誠実な反省に及ばない」 韓国メディア「機敏さ見習うべき」のねたみ節も。安倍総理がハワイから帰国 歴史的な真珠湾訪問終え。安倍首相の哀悼の意「心のこもった言葉で意義深い。」オバマ大統領「最も激しい対立は最も強い同盟に」。訪問は“戦後の総決算” 安倍総理、演説で和解強調。首相 あす米大統領と真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊へ。首相、太平洋戦没者に献花 ハワイの米国立墓地訪問。

Translate

2016年12月28日水曜日

【安倍首相真珠湾訪問】中国外務省「巧妙なパフォーマンスを何度繰り返しても1度の誠実な反省に及ばない」 韓国メディア「機敏さ見習うべき」のねたみ節も。安倍総理がハワイから帰国 歴史的な真珠湾訪問終え。安倍首相の哀悼の意「心のこもった言葉で意義深い。」オバマ大統領「最も激しい対立は最も強い同盟に」。訪問は“戦後の総決算” 安倍総理、演説で和解強調。首相 あす米大統領と真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊へ。首相、太平洋戦没者に献花 ハワイの米国立墓地訪問。

【北京=西見由章】中国外務省の華春瑩報道官は
28日の定例会見で、安倍晋三首相の真珠湾での演説について
「アジアの被害国にとっては、巧妙なパフォーマンスを
何度繰り返しても1度の誠実な反省に及ばない」と述べ、
中国など「被害国」との和解には侵略戦争を発動した
日本の誠実な反省が必要だと主張した。
 国営新華社通信は同日、
「真珠湾での“和解ショー”は侵略の歴史を
過去のものにできない」と題する論評記事を配信。
安倍首相は「日米和解」の見せかけをつくりだすことで
歴史の重荷を投げ捨て、
日米同盟を強化しようともくろんでいると批判した。

 さらに論評は演説の内容について、「奇襲」の反省や謝罪を拒絶し、
歴史背景への言及もなかったと不満を表明。
首相が「和解の力」「寛容の心」が必要だと訴えたのは、
「侵略行為を正しく認識するよう求める正義の声」に
対抗するのが目的だと言い切った。 

 【ソウル=桜井紀雄】
 韓国の聯合ニュースは28日、
「戦争への謝罪はおろか、反省にさえ言及しなかった点で、
日本の侵略を受けたアジアの被害国の反発は
少なくないと予想される」と伝えた。

 中央日報は28日付社説で「日本国内の強硬右派」の反発を想定した上で、
「安倍氏が政治的な負担を覚悟して訪れたのは、
世界戦略的な次元に基づいてのことだ」と指摘。
トランプ次期米大統領と当選直後に会談するなどした
「機敏性を韓国の政治家も見習うべきだ」と論じた。

安倍総理がハワイから帰国 歴史的な真珠湾訪問終え
歴史的な真珠湾訪問を終えた安倍総理大臣は28日午後、帰国しました。

 安倍総理は真珠湾で演説を行った後、
直ちに政府専用機で帰国の途に就いていました。
年明けは元日に皇居での祝賀行事に列席するほか、
5日には自民党の仕事始めに総裁として出席します。



国立太平洋記念墓地(パンチボール)で献花した安倍晋三首相
=26日午前(現地時間)、ハワイ・オアフ島(鈴木健児撮影)

2016.12.28 17:08 2 3 産経WESTニュース
【ホノルル=真珠湾慰霊取材班】安倍晋三首相が
オバマ米大統領とともに訪れたハワイ・真珠湾周辺では、
27日(日本時間28日)朝から地元警察や軍関係者による
厳重な警備が敷かれた。訪れる人もまばらで、
あたりは厳粛な雰囲気に包まれた。
 日ごろは朝早くから、アリゾナ記念館などの入場券を求める
観光客が長蛇の列をつくるビジターセンターも立ち入り禁止に。
 「今日は見学できないんですね」。
両首脳の訪問を知らずに訪れた観光客も数組あり、
名残惜しそうにその場を後にしていた。
 現地の男性ガイドは「歴史的な日になるよ」と訪問を歓迎。
真珠湾攻撃と先の大戦について
「もう過去の世代のこと。
安倍首相の訪問を機に日本人の来館者が増えるかもしれない」
と期待を寄せた。
 安倍首相の訪問は地元ハワイでも多くの人に関心を持たれている。
真珠湾攻撃を恨み、安倍首相に謝罪を求める声も一部にあるが、
ほとんどは謝罪にこだわる必要はないという立場だ。
ハワイで生まれ育ったタクシー運転手の男性(52)は
「日本の首相が真珠湾を訪れたということ自体が、前向きなメッセージ。
オバマ大統領も広島訪問で謝罪していないし、
もし安倍首相が謝るというなら、アンフェアで、間違っている」。

CNN生中継…日系人も称賛、感動
 CNNテレビは安倍首相とオバマ大統領が並んで献花する様子を放映し、

オバマ大統領の演説を生中継した。安倍首相の戦没者に対する
哀悼の言葉について、米日カウンシルのアイリーン・ヒラノ・イノウエ会長は
「心のこもった内容で、意義深い」と称賛。
日米同盟の強さと平和を希求する両国の努力に言及した演説を
「将来への希望のメッセージだ」と受け止めた。
 アイリーンさんは、安倍首相が国立太平洋記念墓地で花を手向けた
日系人初の連邦議員、故ダニエル・イノウエ上院議員の妻でもある。
「とても感動し、感謝しています」と述べた。
また、日本人観光客の関心も高く、公務員の桜井真典さん(33)は
「安倍首相の訪問が
日米関係の歴史の一つの区切りになることは間違いない。
非常に意義深い訪問だと思う」と話した。


オバマ大統領「最も激しい対立は最も強い同盟に」
 安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領は
28日朝、ハワイの真珠湾でスピーチしました。
オバマ大統領は日米の和解と同盟関係の強化を強調しました。

 (山下達也記者報告)
 オバマ大統領はスピーチ会場に笑顔で現れ、
安倍総理を歓迎しました。
そして、スピーチの内容は真珠湾攻撃に触れるよりも
未来志向のものになりました。
 オバマ大統領:「戦争による最も深い傷は
友情と持続的な平和に変えられることを示した。
最も激しい対立は最も強い同盟に変わる。
平和の果実は戦争の略奪を上回る」
 オバマ大統領は大震災や安全保障など
日米の協力を列挙して敵対国でも
緊密な同盟国になれると訴えました。
スピーチの後で2人は真珠湾攻撃の生存者に歩み寄り、
言葉を交わしました。
 真珠湾攻撃の生存者:
「謝罪する必要はない。
記念館に花を手向けたことが謝罪のメッセージだ」
 また、オバマ大統領は人の違いを差別することが
戦争を生み出しているとも言及していて、
この辺のコメントを持って好戦的で人種差別的言動を繰り返している
トランプ次期大統領への暗のメッセージだとも受け止められています。
あるアメリカメディアは、この訪問はTPP(環太平洋経済連携協定)や
在日米軍基地の経費負担で考えの違うトランプ氏の就任直前に
関係強化を狙ったものだと指摘しています。
ただ、多くのメディアは日米関係が来月以降、
どう変化していくかは見当も付かないと言っていて、
トランプ次期大統領が不安定要素になっています。

安倍総理大臣とアメリカのオバマ大統領は
28日朝、ハワイの真珠湾でスピーチしました。
安倍総理のキーワードは「戦争を繰り返さない」「寛容の心」
そして、「和解の力」など。
一方、「イチロー選手」を日米の友情のシンボルとして
引き合いに出したオバマ大統領は
「報復より和解」が重要だと強調しました。
トランプ次期大統領を意識したものとみられます。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 安倍総理がコンセプトの中核に据えたのは、
日本とアメリカが敵対関係を乗り越えたという
意味の和解の力という言葉でした。
 安倍総理大臣:「ここパールハーバーでオバマ大統領とともに
世界の人々に対して訴えたいもの、それは“和解の力”です。
世界中の人々がパールハーバーを和解の象徴として
記憶し続けてくれることを私は願います」
 真珠湾といえば、アメリカ側から見ると
“リメンバー・パール・ハーバー”で
屈辱と復讐(ふくしゅう)の合言葉でしたが、
安倍総理としては、これからは「和解の象徴」の意味も
持ってもらいたいといった願いを込めた格好です。
今回のスピーチには寛容の心や不戦の誓いといった
キーワードも盛り込まれました。
実は、この言葉は去年のアメリカ議会での演説や
戦後70年の節目に出した談話でも使われていた言葉です。
安倍総理は、今回の訪問を戦後の総決算と位置付けていて、
過去の戦争について、これまで出してきた理念、
この延長線上に今回のスピーチを練り上げた格好です。

2016 12 27 ハワイオアフ島アリゾナメモリアル 真珠湾75周年記念式典
 安倍首相所感演説

安倍総理大臣は日本時間の27日朝早く、ハワイに到着し、
国立太平洋記念墓地などを訪れました。
28日、アメリカのオバマ大統領とともに真珠湾を訪問します。
アメリカ側は安倍総理の訪問をどのように受け止めているのでしょうか。

 (横地明子記者報告)
 ハワイは今、休暇シーズンでワイキキのビーチにも多くの人たちが集まっています。
ハワイの地元紙1面で、安倍総理の真珠湾訪問について速報で伝えています。
そして、地元のテレビも今回は速報で安倍総理のハワイ入りを伝えています。
今回の訪問は「残虐な戦いの後、同盟国としての関係を築き上げた
変化の象徴だ」とする一方で、「日米の関係がここまで来るのに
70年以上もかかったということだ」と和解は
簡単なことではなかったということを強調しています。
また、別の新聞では「オバマ大統領と同様に次期大統領のトランプ氏とも
強固な関係を築きたいと望んでいる」ことの表れだと分析しています。
そのオバマ大統領は16日からハワイ入りしています。
別荘近くのゴルフ場で自らカートを運転し、趣味のゴルフを楽しみました。
パットを決めて喜びのガッツポーズをするなど、任期最後の冬休みを
リラックスして過ごしています。
アメリカのメディアのなかには今回の訪問を単なる慰霊ではなく、
何か戦略的に重要な意味が別にあるのではないかと分析するメディアもあり、
それだけ今回の安倍総理の訪問に注目が集まっています。

2016/12/27 11:45 テレ朝ニュース
安倍総理大臣は日本時間の27日朝早く、ハワイに到着し、
国立太平洋記念墓地などを訪れました。
28日、アメリカのオバマ大統領とともに真珠湾を訪問します。

 (政治部・小池直子記者報告)
 安倍総理は現職の総理として初めてアリゾナ記念館を訪れ、
戦後、同盟を強化してきた日米の和解を強くアピールします。
安倍総理は日本時間の28日にアリゾナ記念館で献花し、
真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊します。
その後、日本語でスピーチし、日米の和解と平和への決意を表明しますが、
謝罪の文言は盛り込まない見通しです。
ハワイに到着した安倍総理は第2次世界大戦などで
戦死したアメリカ兵らが眠る国立太平洋記念墓地を訪れたほか、
日本人墓地で献花し、旧日本海軍兵らを慰霊しました。
また、2001年にハワイ沖でアメリカの原子力潜水艦と衝突して沈没した
「えひめ丸」の慰霊碑も訪れました。
安倍総理はオバマ大統領と28日、最後となる首脳会談を行う予定です。
大統領の広島訪問に続いて、今回の安倍総理の真珠湾訪問で
未来に向けた同盟関係の象徴として発信したい考えです。

首相 あす米大統領と真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊へ
12月27日 11時10分 NHKニュースウェッブ
ハワイに到着した安倍総理大臣は、
アメリカ軍の兵士らが埋葬されている
国立太平洋記念墓地などを訪れ、献花して黙とうをささげました。
安倍総理大臣は28日、オバマ大統領とともに
真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊したあと、不戦の決意と日本と
アメリカの和解の価値を強調する所感を発表することにしています。

日本時間の午前4時すぎにハワイに到着した安倍総理大臣は、
岸田外務大臣や稲田防衛大臣らを伴って、
太平洋戦争やベトナム戦争などで犠牲となった
アメリカ軍の兵士らが埋葬されている国立太平洋記念墓地を訪れ、
献花して黙とうをささげました。

このあと安倍総理大臣は、ハワイに移り住んだ
日本人らが埋葬されている日本人墓地や、
15年前、ハワイ沖でアメリカ軍の潜水艦に衝突されて沈没し、
生徒ら合わせて9人が犠牲となった愛媛県の宇和島水産高校の
実習船「えひめ丸」の慰霊碑を訪れて、追悼しました。
日本人墓地や「えひめ丸」の慰霊碑には、
アメリカのケネディ駐日大使も同行しました。

安倍総理大臣は、日本時間の28日、真珠湾を訪れます。
そして、オバマ大統領との日米首脳会談に臨んだあと、
太平洋戦争の発端となった75年前の真珠湾攻撃で沈没した
戦艦アリゾナの乗組員を追悼するアリゾナ記念館で、
ともに犠牲者を慰霊することにしています。

その後、両首脳は、太平洋戦争を
アメリカ軍の一員として戦った日系アメリカ人らを前に
所感を発表することにしています。
この中で、安倍総理大臣は、戦争の惨禍を
二度と繰り返してはならないという不戦の決意と、
日本とアメリカの和解の価値を強調し、
強固な同盟関係を内外に示したい考えです。

首相、太平洋戦没者に献花
安倍晋三首相は26日午前(日本時間27日未明)、
日米開戦の地となった真珠湾で戦死者を慰霊するため
政府専用機でハワイ・オアフ島に到着し、
真珠湾攻撃などの戦死者が眠る米国立太平洋記念墓地などを
訪問する“慰霊の旅”をスタートした。
首相は27日にオバマ大統領と首脳会談を行った後、
攻撃で沈んだ戦艦の船体をまたいで建つ追悼施設
「アリゾナ記念館」で献花し、それぞれ所感を述べる。

首相は26日午前、岸田文雄外相、稲田朋美防衛相とともに
国立太平洋記念墓地で献花し、黙祷(もくとう)をささげた。
同墓地にある日系人初の連邦議員、
故ダニエル・イノウエ上院議員の墓碑にも献花して黙祷した。

続けて、かつて日系人が多く住んでいたホノルル市内

マキキ地区にある日本人墓地でも献花した。
墓地には真珠湾攻撃で戦死した旧日本軍人の慰霊碑もある。
 首相はまた、ハワイ沖で米原子力潜水艦と衝突して沈没した
愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」の
慰霊碑にも足を運び、献花し黙祷を捧げた。
 この後、首相は真珠湾攻撃に参加して戦死した
飯田房太中佐記念碑に献花し、
米国防総省捕虜・行方不明者調査局を視察。
同日夜には日系人との夕食会に出席する。

27日にはオバマ氏とともに追悼施設
「アリゾナ記念館」を訪問し、献花する。
日米首脳がともに真珠湾で慰霊するのは初めて。

 これに先だって両首脳は最後の会談に臨む。
首相とオバマ氏は、日本の安全保障法制などの整備や
オバマ政権が進めてきたアジア重視の
「リバランス(再均衡)」政策などを評価するとともに、
日米防衛協力の重要性を再確認し、
引き続き日米同盟が地域の平和と安定に
重要であるとの認識で一致する見通しだ。 
【ホノルル=田北真樹子、加納宏幸】

検索キーワード「真珠湾」に一致する投稿を

2016年12月24日土曜日
鳩山一郎・岸信介首相も真珠湾訪問…地元紙報道。真珠湾攻撃から74年 
確執は満州での“すれ違い”から始まった。

2016年12月7日水曜日
【真珠湾攻撃から75年、安倍晋三首相真珠湾訪問】】真珠湾攻撃を経験の元米兵、

2016年8月23日火曜日
現代ビジネス編集部、昭恵夫人が語った安倍首相「真珠湾訪問の可能性」。

0 件のコメント:

コメントを投稿