慰安婦問題について、いろんな報道: 朴大統領、地元・大邱を訪問 1カ月ぶり外出公務 。朴大統領のお膝元で大規模火災 800店舗以上が全焼。なぜ今日?朴大統領が任期満了前の辞任意向。「退陣は国会の決定に」韓国・朴大統領 辞任の意向。韓国経済立て直せず 辞任表明の朴大統領 。5週連続、韓国 パク大統領への抗議集会 再び最大規模に。辞任してもしなくても“いばらの道”怒りは頂点に…

Translate

2016年12月1日木曜日

朴大統領、地元・大邱を訪問 1カ月ぶり外出公務 。朴大統領のお膝元で大規模火災 800店舗以上が全焼。なぜ今日?朴大統領が任期満了前の辞任意向。「退陣は国会の決定に」韓国・朴大統領 辞任の意向。韓国経済立て直せず 辞任表明の朴大統領 。5週連続、韓国 パク大統領への抗議集会 再び最大規模に。辞任してもしなくても“いばらの道”怒りは頂点に…

朴大統領による外出の公務は約1カ月ぶり(1日、大邱)
=韓国大統領府提供
日テレミヤネ屋より
朴大統領、序文市場訪問後、涙...交錯した大邱民心 연합뉴스 TV
炎を上げて燃える故朴正熙元大統領の生家がある施設
(1日、韓国・亀尾)=聯合・共同
【ソウル=加藤宏一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は
1日、前日に火災に遭った商店街を視察するため、
自身の地元である同国南東部の大邱市を訪問した。
外出を伴う公務は10月27日以来約1カ月ぶりだ。

朴大統領は大邱の商店街「西門市場」を訪れ、

焼け落ちた建物跡などを見て回った。
聯合ニュースによると、地元の住民は拍手をしながら
「朴槿恵、がんばれ」などと激励したのに対し、
朴氏は笑顔であいさつした。

 一方、大邱近郊にある父の朴正熙(パク・チョンヒ)
元大統領の生家が1日、放火に遭い、建物1棟が全焼した。
地元警察は放火の実行犯とみられる40代男性の身柄を拘束。
男は警察の調べに
「朴大統領が退陣しないので放火をした」と話しているという。

朴大統領のお膝元で大規模火災 800店舗以上が全焼
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の
地元・大邱(テグ)市の市場で大規模な火災がありました。
 地元消防によりますと、韓国南部にある大邱市最大の
西門(ソムン)市場で30日午前2時すぎに火が出て、
今も消火活動が続いています。
これまでに839店舗が全焼し、消防隊員2人がけがをしました。
警備関係者は「1階から煙が出て真っ赤な炎が見えた」と話しています。
この市場には衣類や布団などを扱う店が多く、
火はまだくすぶっているとみられています。


なぜ今日?朴大統領が任期満了前の辞任意向
2016年11月29日 18:24 日テレニュース
友人の国政介入疑惑で、韓国の朴大統領は29日午後、
任期満了前に退陣する意向を表明した。
韓国・ソウルから藤田賢治記者が伝える。

 一連の疑惑の発覚以来、朴大統領は一貫して
「大統領の職を全うする」としていたが、
このタイミングで表明した理由として、
「もはやこれ以上持ちこたえることはできない」
と考えを変えざるを得なかったという。

 客観的に見て現状はすでに朴大統領が
求心力を回復できる状況ではない。
さらに野党は、早ければ来月2日の
弾劾訴追案の国会での採決を目指している。

 このままでいくと韓国史上で初めてとなる
「弾劾で罷免される大統領」になる可能性も現実化しつつある。
朴大統領にしてみれば、今であれば
「国政の混乱を最小化するために自ら職を辞した」という形をとり、
その不名誉を避ける可能性がある
ギリギリのタイミングということになる。

 大きく疑惑が報道されてから1か月たった
このタイミングになった理由は、朴大統領はやはり当初から
世論の批判の高まりを読み誤っていたと考えられる。
当初、一連の疑惑は特定の個人、つまり崔順実被告らが関わった
行為で自らは関与していないとした。
しかしその後、疑惑が次々と噴出し、検察が大統領を
「容疑者」と認定する前代未聞の事態になり、大統領は
「ウソをついている」「言い訳ばかり」ととらえられ
退陣を求める声は高まり続けた。

 ソウルで行われた集会には主催者発表で150万人と
過去最大規模になり、こうした世論の後押しを受けて
野党の足並みはそろい、まさに弾劾に踏み切ろうとしている。
朴大統領は一度決心するとかなり頑固だとされているのだが、
この状況では、さすがにもはや「持ちこたえられない」と
認識を変えざるを得なかった。

 朴大統領は与野党が国政の混乱を最小化する道筋をつくってくれれば、
その日程と法的手続きに従い職から退くとした。
しかし野党は早くも批判を強めている。
 最大野党「共に民主党」・秋美愛代表「条件をつけない下野が民意だ。
弾劾を前に混乱させる策で、弾劾を避けるための見せかけだ」

 野党は朴大統領が任期満了前の退陣の意向を示しても
弾劾手続きを進める方針。
ただ、弾劾の成立には与党から造反する議員の賛成が必要で、
29日の談話がその判断に影響を与える可能性もある。

「退陣は国会の決定に」韓国・朴大統領 辞任の意向
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が親友の国政介入事件を受け、
国会の結論次第で任期満了前にも辞任する意向を示しました。

 朴大統領は29日午後2時半から、一連の疑惑が浮上してから
3度目の謝罪会見を開きました。
会見で、朴大統領は「任期短縮を含めた退陣の問題は
国会の決定に任せる」と述べ、
任期満了前にも辞任する考えを示しました。
朴大統領については野党が29日、弾劾訴追案を一本化する予定で、
早ければ来月2日にも採決が行われる見通しでした。
また、朴大統領は「近いうちに色々な経緯を申し上げます」と
記者会見を改めて開く意向も示しました。
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が
29日、2018年2月の任期満了前の辞任を表明した。
2013年2月に就任してから4年弱。
輸出主導の経済構造からの脱皮を目指し、
内需企業や中小・ベンチャーの育成を通じた
成長モデルを描いたが、それも実現したとは言いがたい。

足元の苦境ぶりを示すのは経済成長率だ。
経済協力開発機構(OECD)は28日、
2016年の韓国の経済成長率を2.7%に引き下げた。
昨年6月には3.6%とみていた。スマートフォンの
発火問題を受けたサムスン電子の失速と、
国内政治の混乱などが影響しているとみられる。
2017年についても2.6%の予想だ。

 就任した時の国民の期待は高かった。
財閥優遇策が目立った
李明博(イ・ミョンバク)前政権時代に
はびこった財閥の不正や
格差拡大の是正を朴大統領は訴えたからだ。

 実際、財閥の系列企業間の不透明な出資関係や
取引を規制する新法を策定したり、
全国にベンチャー支援拠点を作ったりした。
無料通話アプリで飛躍するLINEの
親会社のネイバーなど
有望なベンチャー企業も確かに育った。
 だが、経済成長率は
3.3%の14年をピークに足踏みしてしまう。
失業率も2013年の3.1%から、
2014年(3.5%)、2015年(3.6%)と徐々に悪化。
若者を中心に失業者が増えているという。

 金融市場から見れば、朴政権時代は「冬の時代」かもしれない。
韓国総合株価指数(KOSPI)は29日時点で朴大統領の
就任直前に比べて2%安と、同期間の日本株(6割高)や
ドイツ株(4割高)、米国株(4割高)に比べて低空飛行が続いている。

 日本や欧州など先進諸国が金融緩和にかじを切り
通貨安競争が激しくなったことと無縁ではない。
中国などほかの新興国の企業との競争も激化し、
今年に入っても財閥系の大手海運会社、韓進海運が9月に破綻。
韓国のサムスンはスマホの発火事故などで業績低迷にあえぐ。
 有望なベンチャーや新産業が生まれる前の大企業の失速。
朴大統領は結局、経済の立て直しを果たせなかった。
 そんな朴大統領の「実績」を金融市場はもう織り込んでいたのか。
29日午後の早期退陣表明を冷静に受け止めた。
KOSPIは前日比ほぼ横ばいの1978で取引を終えた。
韓国ウォンも午後3時半時点で対米ドルで
1ドル=1167ウォン台とややドル安・ウォン高方向に振れただけだった。
(菅原透、富田美緒、岸本まりみ)



【高橋洋一】ザ・ボイス そこまで言うか!2016年11月29日(火)
1.韓国朴大統領 任期満了待たずに辞任する意向表明

辞任してもしなくても“いばらの道”怒りは頂点に…
韓国の朴槿恵(パク・クネ)の退陣を求めて、
ソウルには過去最大規模の150万人が集まっています。
ソウル市内のデモは現在も続いています。
現地から報告です。

 (高橋政光記者報告)
 大統領府への行進が始まり、1時間半がすぎました。
辺りは暗くなってきましたがろうそくを持った人の姿が
どんどん増え続けている状況です。
すでに行進は大統領府の周囲を取り囲んで
「朴槿恵退陣せよ」と叫び続けています。
参加した韓国の国民の声が響いてきます。
午後6時ごろからは広場で抗議集会が開かれます。
この国民の怒りの声が国会も動かしています。
早ければ12月2日にも弾劾(だんがい)が
採決される可能性があります。
野党だけでなく与党からも造反し、賛成する議員が増えそうです。
国会議員3分の2以上の賛成で、
朴大統領は職務停止に追い込まれます。
その後、憲法裁判所が判断を出しますが、
政府から独立した特別検察官の捜査も始まり
、朴大統領はいわば「まな板の上のコイ」といった状況になります。
辞任すれば即逮捕。自ら辞任しない限り
来年半ばごろまでの長い持久戦と、朴大統領にとっては
辞任してもしなくてもいばらの道しか残されていません。

韓国 パク大統領への抗議集会 再び最大規模に
11月26日 21時31分 NHKニュースウェッブ
韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の知人らが
職権乱用などの罪で起訴された一連の事件をめぐり、
国会でパク大統領の弾劾を求める議案が
来週にも可決される可能性が高まっている中、
ソウルの中心部では26日夜、大統領の退陣を要求する
抗議集会が5週連続で開かれていて、
参加者は今月12日に続いて、
民主化以降、最大規模のおよそ26万人に上っています。

韓国の検察がパク・クネ大統領の長年の知人と
側近の合わせて3人を職権乱用などの罪で起訴し、
パク大統領についても
「共謀関係にあった」とする判断を示して以降、
初めてとなる大規模な抗議集会は、
ソウル中心部の広場で26日午後から始まりました。

厳しく冷え込んで初雪が降るなか、多くの人々が集まっていて、
警察によりますと、参加者は、26日午後7時の時点で、
およそ26万人に上っているということで、
今月12日に続いて1987年の民主化以降最大規模となっています。
また、26日は、裁判所が初めて、大統領府から僅か
200メートルまでデモ隊が近づくことを許可し、
参加者たちはプラカードを手に「パク大統領は退陣しろ」
などと繰り返し叫びながら行進しました。

大統領府に続く道は、警察のバスやバリケードでふさがれ、
その前で機動隊がデモ隊とにらみ合いを続けていますが、
これまでのところ衝突などは起きていません。
集会に参加した20代の男性は
「家でじっとしていることができずにここに来た。
これだけの国民が退陣を求めている以上、
パク大統領はそれを理解して退陣すべきだ」と話していました。

一連の事件をめぐって、パク大統領の支持率は
最新の世論調査で歴代最低の4%まで落ち込んでいて、
ソウル中心部での大規模な抗議集会の開催も5週連続です。

また、野党側は来週にも、国会でパク大統領の弾劾を求める
議案を発議して採決にかける構えで、与党の一部の議員も
賛成に回る姿勢を示していることから、議案が可決されて
大統領の職務が停止される可能性が高まっており、
パク大統領に対する反発が収まる兆しは一向に見えません。

検索キーワード「朴槿恵」に一致する投稿を

2016年11月22日火曜日
【激震・朴政権】「尋常でない」 朴氏の下野に備える在韓外国公館 
なぜ韓国人は街頭に集まりたがるのか?。その他関連。

0 件のコメント:

コメントを投稿