慰安婦問題について、いろんな報道: #国連常任理入りへ結束  首相、独印ブラジルと会合 NYで。「日本、標的ではない」 安保理討論会で中国外相がコメント。日本、安保理で中国に反論 「平和愛する国」。韓国紙の記事なので、どういう実態かはわかりませんが、国連が強制性奴隷といえと言ったそうです。

Translate

2015年9月26日土曜日

#国連常任理入りへ結束  首相、独印ブラジルと会合 NYで。「日本、標的ではない」 安保理討論会で中国外相がコメント。日本、安保理で中国に反論 「平和愛する国」。韓国紙の記事なので、どういう実態かはわかりませんが、国連が強制性奴隷といえと言ったそうです。

首相、独印ブラジルと会合 NYで
安倍晋三首相は26日午前(日本時間同日夜)、
米ニューヨーク市内のホテルで、国連安全保障理事会の
常任理事国入りを目指すドイツ、インド、ブラジ ルの各国首脳と会合を開いた。
国連創設70年の機会を捉え、4カ国グループ(G4)による
安保理改革案の早期実現に向け、結束を強化する方針で一致する見通しだ。

 会合には、安倍首相のほか、ドイツのメルケル首相、ブラジルのルセフ大統領、
インドのモディ首相が出席。
4カ国は、190を超え る国が国連に加盟している現状や、
G4が国際社会に与える影響力を踏まえ、実効性のある
安保理改革の実現を加盟国に働き掛ける方針も確認する方向だ。

  改革案は2005年の前回案と同様に、
常任理事国を現在の5カ国から11カ国に増やし、
うち2カ国をアフリカに割り当てる内容。
現在10カ国の非常任理事 国については枠を14~15カ国に広げ、
アフリカへの配分を「1~2カ国」とする。
大票田のアフリカ諸国との連携強化が狙いだ。(共同)

2015.2.24 12:58更新 産経ニュース
「日本、標的ではない」
中国外務省は24日、
国連安全保障理事会で中国が主宰した公開討論会合は
日本を標的にしたものではないとする王毅外相のコメントを発表した。 
王外相は会合後に報道機関から
「(討論は)日本に対するものか」と問われ
「会合を呼び掛けたのは各国国民の利益に着目したためだ。
中国は大国として広い度量を持っており、
誰かに焦点を当てることはない」と述べたという。
討論で王外相は
「過去の侵略の犯罪を歪曲したりしようとする者がいる」などと述べた。(共同)
「歴史刻む場を提供」安保理討論主宰で中国
台湾も抗日70周年パレード検討「共産党軍は脇役」「日本への恨みあおることではない」
【野口裕之の軍事情勢】中国の野望をくじく日本と台湾
親日台湾が…「日本時代美化するな」指導要領改定の記録公開へ、政府に裁判所命令
【施政方針演説】中国外務省「日本が軍事や安保で慎重な行動を」と牽制
「洗浄便座作れる日本を見習え」 中国の共産党機関紙、日本ほめる異例のコラム


日本、安保理で中国に反論 「平和愛する国」
2015/02/24 06:45 【共同通信
国連安全保障理事会の討論会合で演説する吉川元偉国連大使=23日、
ニューヨーク(共同)
【ニューヨーク共同】日本の吉川元偉国連大使は23日、
国連安全保障理事会の討論会合で演説し、日本は第2次大 戦に対する
「深い反省の気持ち」に基づき「自由や民主主義、法の支配、人権を一貫して尊重し、
世界の平和と安全に貢献する『平和を愛する国』としての道を 歩んできた」と強調した。
 中国の王毅外相はこれに先立ち「いまだに(歴史の)真実を認識したがらず、
過去の侵略の犯罪を歪曲しようとする者がいる」と述べていた。
吉川大使は平和への貢献をアピールし、中国に反論した形だが、
王外相は退席した後だった。


検索キーワード「国連」に一致する投稿を関連性の高い順に表示 
2014年8月30日土曜日
国連委が日本に勧告、自民 国会デモ 規制検討へ 赤旗反発する。
 ピレイ人権高等弁務官、以前からちょっとアレな人だった
2014年7月30日水曜日
国連は韓国に都合が悪いものは弾圧しろと日本に勧告 ・・・ 
民団も願いが叶って大喜び そんな国連への分担金は実質日本が一位
2014年7月18日金曜日
【痛快!テキサス親父】国連人権委は学級会以下だ 
NGOが捏造した議案を精査なし
2014年8月25日月曜日
国連の誤解を逆輸入する「人権派」弁護士 池田信夫氏
2014年8月25日月曜日
朝日新聞ので、クマラスワミ報告の根底が崩れているわけだが 
・・・どうやら韓国は官民あげて彼女に籠絡工作をしていた?
2014年8月21日木曜日
番外編 ヘイトスピーチ規制へ自民、議員立法を検討
2014年7月10日木曜日
慰安婦:「日本の良心」WAM 日本を踏み台に韓国に褒められる?
2014年7月30日水曜日
国連が、ことしから7月30日を「人身取引反対世界デー」に
指定されていたらしい ・・・
2014年6月15日日曜日
韓国政府、テキサス親父が発信する動画の中で韓国語バージョンを
youtubeから閲覧できないように遮断。
2014年6月19日木曜日
アムネスティニュース : アムネスティは「慰安婦」へのウソの訴えを支持する
2014年6月10日火曜日
【民間防衛】提出期限間近!「慰安婦」国連報告への反論を急げ[桜H26/6/9]
2014年8月26日火曜日
自民、河野談話見直し要請へ ・・・ 産経 他

慰安婦:国連「日本政府は『強制性奴隷』と表現せよ」
自由権規約委員会が要求 
2014/07/18 08:04
朝鮮日報  ChosunOnline
国連の自由権規約委員会は日本政府に対し、
旧日本軍が強制動員した元慰安婦への謝罪が不十分であり、
慰安婦(comfort women)という表現でなく
「強制性奴隷(enforced sex slaves)」という表現を使うべきだ、と批判した。

同委員会は15日と16日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた会議で、
「当委員会は2008 年に日本政府に日本軍性奴隷被害者に対する法的責任認識と
報酬を勧告したが、日本政府は履行していない」と指摘した。

同委員会はまた、
「日本政府は『慰安 婦』という表現でなく『強制性奴隷』という表現を使うのが適切だと
明らかにした。 しかし、同委員会に日本代表として出席していた
外務省の山中修・人権人道課長は「日本政府は慰安婦問題を性奴隷問題として
認識しておらず、慰安婦は1926年の奴隷条約の定義にも該当しない」と反論した。

 産経新聞は「日本政府が公の場で『性奴隷』という表現を否定したのは極めて珍しい」
と報じた。性奴隷という表現は1996年2月に国連人権委員会に報告された
「クマラスワミ報告書」をはじめ、国連拷問禁止委員会などが使っている。

 同委員会はまた、韓国人に対する差別を助長する極右団体のヘイトスピーチ
(hate speech)や死刑制度などに言及、日本政府に改善を要求した。

東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
車学峰特派員

※チャハクポンさんにとっては、韓国人米軍慰安婦や
韓国軍慰安婦はまともで、日本軍慰安婦だけが、
強制性奴隷という認識ですか?
国連のいっていることは、すなわち在韓米軍慰安婦に
ついても強制性性奴隷と呼べと言ってるのに
等しいわけだが?
在韓米軍慰安婦らの訴えの内容からするとそうなりますね。
日本側はこの際、在韓米軍慰安婦についても
触れたらいいですよ?
韓国では日本が去った後も慰安婦は脈々と現代まで続いていたと
資料を示して国連でいうべきですね。

それでも、性奴隷呼ばわりしろと国連はいいますか?と
国連軍自体にもそういうスキャンダルがあり、映画にすらなっている。

2014-02-06 10:10:20 
おなじみ車学峰(チャ・ハクポン)特派員のお馬鹿記事
朝鮮日報は韓国最大の新聞です。その朝鮮日報の日本への
特派員おなじみ車学峰(チャ・ハクポン)が毎回懲りずに
反日煽動記事を韓国に送り続けています。

カネで解決狙い破局した日本の「島国外交」
浅はかな日本…慰安婦を人権問題と考えずカネ・ロビー活動でアプローチ、各地で逆風、

世界の外交舞台で孤立、知日派の駐日英国大使も「日本は過去の過ちを認めよ」。
安倍首相、韓中の国力成長無視…日本の「縦社会」をそのまま外交に持ち込む。
2014/2/5

こう始まる車学峰(チャ・ハクポン)の記事です。

こんな調子の記事が韓国最大大手の新聞をはじめ、全国紙、地方紙問わずに掲載されます。 

車学峰(チャ・ハクポン)特派員、自分たちがどんな卑劣な、幼稚な行為をしているかは
まったく気づかず、反論する日本だけが悪い、韓国人は正しい正義だと言う、
誠に恐ろしい洗脳記者の記事なのです。

韓国国内で毎日こんな記事掲載されていれば当然「韓国国民総反日」になりますよね。

韓国のメディアの煽動は韓国を破壊しています。
※逆にいうと、日本にとっては韓国と付き合うのも嫌なので、どんどんやってください
ともいえそうです。

2012年8月25日土曜日ひとりごと                         
朝鮮日報の車学峰の思い込み記事に呆れるね 

2014年7月16日水曜日
性奴隷呼ばわりは不適切 国連で 日本政府がはじめて指摘

「日本、慰安婦ではなく『強制性奴隷』を使わなければ」 
JULY 18, 2014 03:46
日本政府は、「日本政府は慰安婦問題を性奴隷の問題と認識しておらず、1926年の奴隷条約の定義に当てはまるとは理解していない」とし、
「性奴隷との表現は不適切」と反論した。
同紙は、「性奴隷」の表現を国際的に定着させた人権関係の会合の場で
日本政府が同表現を明確に否定 するのは異例だと伝えた。
安倍晋三政権は、第1次内閣の時の2007年3月に「政府が発見した資料の中には、
軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すよ うな記述は見当たらなかった」と
閣議決定している。   

慰安婦強制動員を否認、国連委員会で恥をかいた日本       中央日報
2014年07月18日08時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
 「慰安婦は強制的な性格ではない。ただ、完全には女性の意思によるものではなかった」
(在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の岡田隆大使)

  「そのような説明は本当に理解しがたい。この問題をはっきりとさせるため、

独立的で国際的なレベルの調査が必要になることもある」
(国連市民的・政治的権利委員会議長)

  日本政府が国連で軍慰安婦強制動員を否認し、恥をかいた。

15、16日(現地時間)にスイス・ジュネーブで開かれた
「市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)」履行関連定例報告でだ。

  外交部によると、この日の定例報告で集中的に議論されたのは

日本軍慰安婦被害問題だった。
ある委員は「2008年に委員会が出した報 告書をはじめ、1990年代から国際社会が
日本に法的な責任を取って賠償すべきだと何度か勧告したが、
状況に変化がない」と指摘した。
また「日本政府の最 近の河野談話検証は、日本がその間してきた
謝罪の効力も減少させた」とし
「報告書で強制動員の事実を証明できないと言及したのは、被害者に再び苦痛を与え た」
と述べた。

  これに対し日本政府代表の岡田大使は従来の主張を覆した。

「慰安婦被害問題はサンフランシスコ条約と1965年の韓日協定で解決し た」ということだ。
しかし委員会は「補償の範囲と本質をめぐり異見が存在するではないか」と反論した。
慰安所の運営に日本軍が関与したかどうか、慰安婦被 害者の損害賠償請求現況なども
細かく問いただした。

  別の委員は「河野談話の作成当時、日本政府は歴史を直視し、そこから教訓を得るために

最善を尽くした」とし「今こそ日本政府が教訓か ら学ぶべき時だ。
『慰安婦』というう回的な名称から『強制性的奴隷』に変えるべきだ」と述べた。
岡田大使は「慰安婦を性的奴隷と呼ぶのは不適切だ」と反論 した。

  しかし「いったい『性的奴隷』と『自由意思に反して強制的に動員された女性』の間の差は何か。慰安婦は1926年に締結された国際奴 隷条約の幅広い定義に該当する」という声が続いた。

また委員会は「国際社会の勧告に日本政府が一種の抵抗感を見せ、毎回、同じ状況が
繰り返されている」と 明らかにした。

  嫌韓デモなどに対する日本政府の無責任な対応も俎上に載せられた。

ある委員は「2013年に日本国内で発生した外国人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)は
360件にのぼる」とし「人種差別を扇動する行為を中断する手段はないのか」と述べた。

日本の発言に国連があきれる    
15~16日の国連人権理事会では、慰安婦問題に関心が集まった
日本代表団は「慰安婦は性奴隷ではない」との認識を示した
中国メディアは17日、日本の認識に対し「国連があきれる」と報じた

国連、とくに人権委員会(現人権理事会)などは厄介な場所で、
日本軍性奴隷言説のルーツは日弁連の戸塚悦郎などがここにこの言葉を
持ち込んだことに始まる。
人権委員会は非常に政治的な場で、批判も多かったと言われる。
日韓の運動家が国連のお墨付きを最大限利用しようといろいろ画策しているので、
日本政府としても対抗措置を取らざるをえないわけで・・・。

お伝えしたように、挺対協は11日、ジュネーブの国連人権理事会でイベントを開催する
子供が二人遊んでいる。友達のオモチャを壊すのも、借りた漫画を返さないのもA君。
だけど、仲直りはいつもB君から。
韓国が国連の作業部会で慰安婦問題を取り上げ日本を批判する中、日本側は
忍耐に徹する道を選んだようである。
外務省の幹部は、韓国という友好国が安保理にいることは
日本の国益であると言うのだが・・・。
日韓関係を悪化させたのは、韓国の大統領による「分別なき行い」ではなかったか?
朝日新聞すらそう言っていた。それでも日本は全てを胸に納める積りらしい。
加盟国が互いに勧告する制度なのだから、日本からも韓国政府に対し
韓国軍慰安婦や米軍キャンプ村の売春婦に対して賠償するよう勧告してはどうだろう?
彼らも普遍的な人権問題だと認めているのだから。
今度の国連総会に関しては、非政府組織主導ながら、こんな動き←もある。
つまり、官民の連携プレーで日本軍性奴隷問題を国際的な問題にしようとしているらしい。
 
The Whistleblower (ザ・ホイッスルブロワー)は、旧ユーゴに派遣されていた
国連軍と人身売買(性奴隷)の関わりを暴いた女性警察官の実話をもとにした映画。
慰安婦問題を論じるに当たって気をつけたいのは、現在では軍人による(戦地での)
買春自体が罪とされているという点だ。
つまり、紛争地では普通の商取引の つもりで売春婦を買ったとしても、その背後に
人身売買のネットワークがあったりする。もちろんこれは戦地に限らないが、
紛争地域ではその危険性が高いとい うことなのだろう。
ボスニアで国連軍の関係者がこの種の人身売買に関わっていたという批判もあって、
国連もPKO要員の性行動に神経質になっている。 こういった場会、派遣国のみならず
国連も管理責任を問われるのである。 
だから「慰安婦は単なる売春婦」などと言っている人は考え直して欲しい。
そんな事を言うから、国際社会の心証が悪くなるのである。 
 第2次大戦中買春は犯罪ではなかったが、日本軍の御用商人が女性を
乱暴に扱った件については(例えそれが当時としては普通であったとしても)、
日本政府に 道義的責任がある・・そう思ったからこそ、河野談話が生まれ
アジア女性基金が立ち上げられたのだろう。

しかし、日本軍が「関与した」というのと、日本軍(政府)が強制したというのでは話が違う。
PKOのスキャンダルを国連主導の犯罪だと強弁する人はいないのである。  

0 件のコメント:

コメントを投稿